マリオット

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の宿泊体験記

オキナワマリオットリゾート&スパは、マリオットボンヴォイ系列ホテルから外れて、「オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ」という名称に変わりました。

マリ子
マリ子
ピンク色の外観がとてもかわいい。 

2005年の開業以降、国内外、多くの方が愛し、沖縄地区の海外ホテルブランドの先駆けとして利用されていた「オキナワマリオットリゾート&スパ」は、2021年10月1日に、「オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ」として、リブランドオープンしました。

2022年初頭には、ロビーや客室、プールエリアの改装が予定されているのだとか。

オグリ子
オグリ子
オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのホテルコンセプトは「島とあそぶ 森とつながる」だそうです!

とはいえ、長年愛されてきたマリオットの面影も思い出深いですよね。

私は、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパがリブランドオープンする前の、2021年9月末に、旧オキナワマリオットリゾート&スパを訪れました。

とてもよい素敵な思い出になったので、旧オキナワマリオットリゾート&スパの面影と、リブランドした、オキナワマリオットリゾート&スパについて、ブログに残してゆこうと思います。

オグリ子
オグリ子
よろしければお付き合いくださいね♪ 

スポンサーリンク

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の特徴

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の特徴としては、全てのお部屋から、東シナ海を見下ろすオーシャンビューであることです。

ただ、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)はオンザビーチではないのです。

丘を登ったところにあるホテルで、海からは少し距離がありますが、眺めは最高です♪

エントランスロビー

エントランスロビーは南国風というかハワイっぽい感じ。

ガラス張りの天井が開放的です。

開放的過ぎでお日様がさんさん降り注ぎ、あつっ!という時間帯もあります笑。

まさにリゾート感満載でテンションが上がりますね!

オグリ子
オグリ子
心の中では大はしゃぎ! 

ロビー

ロビー内はとにかく広々で、ウロウロどこに座ろうか迷うくらいでした。

フロアガイドでこのホテルの地理を予習したりしていました笑。

エレベーター

エレベーターは4基だったような?

全くまたずでストレスはなかったです。

スポンサーリンク

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)のお部屋

私は「スーペリアフロア」に宿泊しました。お部屋は以下の4種類あります。

  • スーペリアフロア
  • エグゼクティブフロア
  • スイートルーム
  • ユニバーサルルーム

スーペリアフロアでも大満足でした!

サンルーム的なスペースがあって、そこで乾杯が最高なんです♪

テラスに出る必要がなく、なんていうか、すぐそこ外!って感じです。

(高所恐怖症の方はどうなのかな?私はこのサンルームが大のお気に入りになりました。)

オグリ子
オグリ子
おつまみやビールを持ち込んで、最高の眺めと共に大宴会! 

そうそう、このサンルーム的なスペースで、横になりながらパソコンを広げて作業をしても、机があるのでそこで作業をしてもよし!

作業がひと段落したら、サンルームでお昼寝もよし!

マリ男
マリ男
作業するか、昼寝するか、乾杯するかみたいな笑! 

ブログ作業もこんな快適なお部屋だったら、ストレスなくはかどりましたよ〜♪

冷蔵庫の中身

冷蔵庫の中身は空っぽです。

ホテルにチェックインする前に、近くのコンビニでオリオンビールを購入し、冷蔵庫に入れました。

冷蔵庫の冷え冷えな感じがあまりなく、製氷室で氷を調達し、アイスボックスに入れたりして。

冷蔵庫がもう少ししゃっきり冷えたらいいなあ〜と思いました♪

カフェ&ミニバー

コーヒーやお茶、カフェインレスコーヒーもありました。

コーヒーメーカーはなかったですが、朝食に飲んだのでよしです。

コーヒーメーカーがあるとより嬉しいですね♪

(朝のコーヒーが欠かせないオグリ子です。)

バスルーム

このバスタブの隣シャワーブースがあります。

レインシャワーもありましたが(調べたらリラックス効果が高いらしいです!)

私は慣れていないので使わずです。(リラックス効果があると調べたにも関わらず、私はレインシャワーってなんかドキドキして怖くて!笑。)

アメニティグッズは「THANN」ですって。

私は、いつも使用のものを持参なのですが、(肌に合わないことが多くて。)

各ホテルでアメニティを楽しむのも良いですね♪

トイレ

バストイレは一緒でしたが、そんなに気になりませんでした。

空間が広いおかげかもしれませんね。

スポンサーリンク

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の朝食

オキナワマリオットリゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の朝食会場のサラダ オキナワマリオットリゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の朝食会場 オキナワマリオットリゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の朝食会場

2019年7月20日にリニューアルした朝食会場は、朝から大勢の人で賑わっていました。

野菜からお肉と朝からたくさん食べました。

小さなマリオットバーガーというのもあり、エッグベネディクトがすごくおいしかったです。

ホテルの朝食って非日常感満載でついたくさん食べてしまいますね!

オキナワマリオットリゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)は子供に優しい

お子様が伸び伸び遊ぶことが出来るスペースもありました。

おもちゃも木のぬくもりあるおもちゃで、お子様にも安心ですね。

スポンサーリンク

オキナワマリオットリゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)へのアクセス

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパへのアクセスですが、那覇空港からリムジンバス直結という方法もあり、これは便利で楽ですよね!

リムジンバスご利用案内はこちら

路線バスを利用するときは、バス停「伊武部(いんぶ)」から連絡すると送迎していただけるようです。沖縄バス株式会社をご覧ください。

車やレンタカーで行く場合は、那覇空港よりオキナワ自動車動利用で最短で約70分です。(那覇IC〜許田IC通過後、部瀬名向け出口から少し南下)、国道58号経由で約90分です。

エアーポートシャトルを利用の際は、かりゆしビーチで下車すると、お迎えに来てくれるようです。

オキナワエアーポートシャトルはこちら

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ
沖縄市名護市喜瀬1490-1

総合インフォメーション
9080-51-1000(9-30〜18:00)

メールでのお問い合わせはこちらからです。

まとめ

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ(旧オキナワマリオットリゾート&スパ)の宿泊体験記でした。

旧オキナワマリオットリゾート&スパからオリエンタルホテル沖縄リゾート&スパに変わっても、お部屋からの景色は変わらず素敵だと思います。

朝も夕焼けの景色も最高で、広くてのんびりできます。

私は旧オキナワマリオットリゾート&スパ時代に宿泊しましたが、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパへのリブランド後も宿泊してみたいなと思いました。

2021年10月1日リブランドオープン「オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ」

スポンサーリンク

ABOUT ME
オグリ子
このブログを書いているオグリ子です♪ 毎日旅先でブログを書いています。 マリオットをはじめとするホテルでの体験や、そのほかのおすすめホテル、大好きなカフェやラーメン店などもご紹介します♪