マリオット

フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜宿泊記と道の駅の魅力も!プラチナチャレンジ7日目!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の宿泊記。プラチナチャレンジ7泊目

マリオットプラチナチャレンジ、7泊目になります。

2021年11月2日にマリオットボンヴォイプラチナチャレンジの宣言をしました。

オグリ子
オグリ子
現在マリオットボンヴォイのゴールドエリート会員で、プラチナエリートを目指して旅を続けています!

中盤に差し掛かったところで、プラチナチャレンジの宣言後に宿泊してきたホテルについて、振り返りたいと思います。

地域ホテルカテゴリー体験記
札幌市フェアフィールド・バイ・マリオット札幌
Fairfield by Marriott Sapporo
3体験記1泊目
函館市フォーポイントバイシェラトン函館
Four Points by Sheraton Hakodate
3体験記2泊目
常滑市フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港
Four Points by Sheraton Nagoya, Chubu International Airport
4体験記3泊目
郡上市フェアフィールド・バイ・マリオット岐阜郡上
Fairfield by Marriott Gifu Gujo
3体験記4泊目
美濃加茂市フェアフィールド・バイ・マリオット・岐阜清流里山公園
Fairfield by Marriott Gifu Seiryu Satoyama Park
3体験記5泊目
留寿都村ウェスティン ルスツリゾート
The Westin Rusutsu Resort
7体験記6泊目

どのホテルステイも、未知体験と新たな出会いからの学びは大きく、感慨深いものです。

このうち、4泊目と5泊目の岐阜郡上と岐阜清流里山公園のフェアフィールドは、道の駅に近接したロードサイド型ホテル、「道の駅プロジェクト、フェアフィールド・バイ・マリオット」に含まれるホテルです。

住宅メーカーである積水ハウスが、ホテルを拠点とした地方創生に乗り出すという目的。

そんな「道の駅プロジェクト」に参加の「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜」の魅力を、ホテル宿泊記に限らず、三重御浜の魅力とともにまとめてゆきたいと思います。

スポンサーリンク

フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜とは?

フェアフィールドバイマリオット三重御浜のエントランスです。フェアフィールドバイマリオット三重御浜のエントランスです。

フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜は、世界遺産、熊の古道浜街道の目の前にある、道の駅「パーク七里御浜」並んで建つホテルです。

2020年10月に、アメリカの大手ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」系列のホテルとしてフェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜はオープンしました。

実は三重県御浜町は、観光客があまり訪れることがない、過疎地域なんだそうです。

そんな過疎地域である三重県御浜町に、なぜ外資系ホテルが建ったのでしょうか?

あらためてその理由を調査してみました。

観光協会もない過疎地にマリオットホテルが進出した理由は?

積水ハウスとマリオット・インターナショナルが「道の駅」をハブとして新しい旅のカタチを提案する「Trip Base道の駅プロジェクト」。道の駅に近接したロードサイド型ホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット」を全国各地でオープンしている。最大の特徴は、単なる観光拠点としての宿泊事業だけではなく、周辺の事業者を巻き込んだ地方創生事業として展開しているところだ。引用:トラベルボイス

地域のシンボルでありコミュニティの場である「道の駅」に着目して、道の駅の魅力を生かしながら、その地域に人を呼び込む仕掛けをつくることで、地域創生に貢献してゆくのが狙いのようですね。

このプロジェクトでは、ファーストステージとして6府県で15ヶ所でフェアフィールド・バイ・マリオットが開業し、先行オープンしたのは、栃木県宇都宮、岐阜県郡上、岐阜県清流里山公園、岐阜美濃、京都府京丹波、三重県御浜の6ヶ所です。

2021年5月までに開業したのは12ヶ所、セカンドステージではさらに5道県に拡大する予定です。

というわけで、道の駅プロジェクトの先行オープンに含まれる、フェアフィールド・バイ・マリオット三重県御浜町という地域の魅力についてもまとめてみたので、よろしければどうぞ!

三重県御浜の魅力とは?

フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜です。フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜です。

三重県御浜町には、日本一長い砂利海岸「七里御浜(しちりみはま)」があります。

フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜です。フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜が美しすぎる!

その全長は22kmにも渡り、浜には「みはま小石」と呼ばれるさまざまな色合いの小石が敷き詰められており、アクセサリーにも使われているようです。

フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜です。七里御浜にはこんなに綺麗な石がたくさんあります。
フェアフィールドバイマリオット三重御浜の目の前にある七里御浜です。きれいな石がたくさん有りました。

”神の浜”という一面もあり、熊野信仰の道として重要であったために、世界遺産にも登録された神聖な浜なのだそうです。

マリ男
マリ男
砂浜と違い、砂利海岸を歩いてみると歩きにくかったけれど、すごく気持ちがよかったよ! 

また、御浜町は、紀伊半島、三重県南部に位置する「年中みかんのとれるまち」です。

三重県御浜町のみかんです。無人のみかん売り場がたくさんありました。
三重県御浜町のみかんです。三重県御浜町の無人みかん売り場のみかんはお手頃です。
三重県御浜町のみかんです。実際に購入して食べましたが、小粒も甘くて美味しかったです!

温暖で多雨の気候なので、極早生温州、早生温州、ポンカン、甘夏、不知火、などいろんなみかんが栽培されて県内1位の生産地となっているようです。

大きなミカンが多いですね。甘みが爽やかで皮が薄めで食べやすく、美味しいです。
小粒も同様においしかったです♪

スポンサーリンク

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の基本情報とアクセス

住所〒519-5200 三重県南牟婁郡御浜町大字阿田和6115番地13
TEL06-6743-4750
FAX06-6743-4584
交通アクセスJR阿田和駅より徒歩1分
駐車場有り(無料)
チェックイン15:00
チェックアウト11:00
総部屋数63室
館内設備ラウンジ、自動販売機、コインランドリー(有料)、ミニキッチン
部屋設備・備品テレビ、電話、インターネット接続(無線LAN形式)、お茶セット、冷蔵庫、ドライヤー、アイロン(貸出)洗浄器付トイレ、石鹸(液体)ボディーソープ、リンスインシャンプー、ハミガキセット、カミソリ、くし、タオル、バスタオル、ナイトウェア、スリッパ、金庫

JR阿田和駅より徒歩1分とありますが、実際に歩いてみたところ、フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着するのは2~3分くらいだと思います。

フェアフィールドバイマリオットからは、道の駅に通じる遊歩道があります。フェアフィールドバイマリオットから、道の駅や、七里御浜に通じる遊歩道があります。

遊歩道を渡ってゆくと、遊歩道の中間地点くらいで、JR阿田和駅が見えます。

JR阿田和駅は無人駅です。

お次は、アップグレードの内容や、客室の様子をまとめたいと思います!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のゴールド特典は?

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜で、マリオットボンヴォイのゴールドエリートの方が宿泊した場合に受けられる特典は以下の通りになります。

  • 14時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトとして250ポイント
  • 客室料金およびホテル内で利用した金額に対して、25%の追加ポイント

本来はこの3つに特典に加えて「客室アップグレード」という特典も加わります。

しかし!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室は2タイプしかありません。

見ての通り、「シングルベッド2台(ツイン)又はキングベッド1台の客室」とバリエーションが少ないため、客室アップグレード特典は無いということになりますね。

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のロビーやラウンジスペース

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着した画像です。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着した時は大雨でした。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着した画像です。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のエントランスもスタイリッシュです。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着した画像です。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜に到着した画像です。正面玄関左隣にあるインターフォン。

セキュリティ(防犯)上、午前1時から午前6時までフロント正面の扉は自動で施錠されます。

外出は24時間可能ですが、外出の際は必ずお部屋の鍵をお持ちいただいて、万一お部屋の鍵を忘れてしまった場合は、このインターフォンでフロントでお申し付けくださいとのことでした。

全室禁煙

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜は全館禁煙です。

喫煙したい場合は、ホテル駐車場側に灰皿があるので、そちらでお願いしますとのことです。

マリ男
マリ男
客室で喫煙した場合は、クリーニング費用2万円を請求されるみたいだよ!気を付けてね!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のエントランス近くにはみかんがなっていました!エントランスにはみかんの実がありました!
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のエントランス近くにはブルーベリーがなっていました!12月だというのにブルーベリーもありました!
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のエントランス近くにはミモザがなっていました!ミモザかな?
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜のエントランス近くにはお花が咲いています!可愛いお花も咲いています!

自然あふれる良い環境で、嬉しくなりました。

ロビーラウンジスペース

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースです。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペース①
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースです。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペース②
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースです。フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペース③

ラウンジ?「共用スペース」と記してありましたね。

他のマリオットボンヴォイホテルの「エグゼクティブラウンジ」とか「クラブラウンジ」とは違います。

飲食の提供はないですし、館内には飲食の提供がないので注意しましょう。

ワーキングスペースのような感じでもあり、コンセントやUSB完備で24時間利用できます。

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの冷蔵庫。共用スペースの冷蔵庫です。オーブントースターやレンジもあります。

調理器具や食器などはおいていません。

購入したパンを温めたり、カップラーメンやカップスープにお湯を注いだり、そんな使い方ができますね!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの氷入れです。製氷機の隣にはアイスペール(氷入れ)があります。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースのゴミ箱です。共用スペースのゴミ箱①
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースのゴミ箱です。共用スペースのゴミ箱②
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースのソフトドリンクコーナーです。ソフトドリンクコーナーです。お味噌汁やお醬油までありました。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースのホットコーヒーマシンです。UCCのホットコーヒーマシンです。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの共用スペースです。ホットコーヒー用に持ち手が用意されています。

持ち手があるので、火傷せずお部屋まで安心して持ち帰ることができます。

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの共用スペースです。共用スペースに張り紙がありました。
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの共用スペースです。道の駅フェアフィールドでよく見かける絵ですね。

ロビーラウンジのソフトドリンクには、コーヒーや緑茶、ほうじ茶(ティーバッグ)があり、電子レンジ、オーブントースター、製氷機や浄水機もあります。

いずれも24時間利用可能です。

無料で好きなだけ飲むことができるのは嬉しいですね〜♪

スポンサーリンク

コインランドリーコーナーと自動販売機

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の共用スペースの自動販売機とコインランドリーコーナー1階の自動販売機の奥にコインランドリーコーナーがあります。

1階にコインランドリーコーナーがあり、24時間利用可能です。

洗濯機(5kg)約40分300円、乾燥機20分100円で現金精算のみになっていますよ。(1,000円紙幣→100円硬貨両替機有です。)

洗剤持ち込みは不要です!

台数に限りがあるので、ご利用後は速やかに次の方にお譲りくださいとのことでした。

長期滞在する方にはすごく便利ですよね!ありそうでなかったサービスなのではないでしょうか?

販売品コーナー

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の販売品コーナーです。販売品コーナーです。

1階のフロント横には、ソフトドリンクやスナック類、カップラーメンなどが販売されています。
地元限定のお菓子やカップラーメン、クラフトビールなどもあり、興味をそそられます♪

商品の精算に現金は利用できません。

クレジットカードや交通系、PayPay、LINE Payのみの支払いになるので注意しましょう!

販売品コーナーにはアルコールの販売もありますが、法令上、午前6時〜午後23時までになっています。

オグリ子
オグリ子
抜栓しての提供で、栓をしたままの販売は法令上いたしかねるのでご了承くださいと、注意書きがありましたよ。 

前述しましたが、館内にはレストランがありません。

販売品コーナーで食事を済ませるという感じでもないですねえ。

というわけで、、フロントで教えていただいた近隣のお店をご紹介しますね!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の近隣の飲食店

私たちは中部国際空港の矢場とんで昼食をすませ、レンタカーで車を借り、高速でフェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜まできました。

中部国際空港で食べた矢場とんです。

セントレア空港内の矢場とんで昼食を食べてから三重に向かいました。

中部国際空港で食べた矢場とんです。定番のロース(左)とヒレ(右)、味噌だれたっぷりの矢場とんです。
中部国際空港で食べた矢場とんです。中部国際空港では必ず食べてしまう矢場とん。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜館内には、販売品コーナーにスナックやカップラーメンがおいている以外はレストランはありません。

夜はビールやおつまみ程度のものを道の駅パーク七里御浜で調達しました。

道の駅パーク七里御浜施設内入店すると目の前にみかんジュースのオブジェが。
道の駅パーク七里御浜のみかん道の駅パーク七里御浜店内には、みかんがたくさん販売しています。
道の駅パーク七里御浜のみかんかなりリーズナブルで嬉しくなってしまいます。おいしかったです。
道の駅パーク七里御浜のみかんジュース品種別にたくさんのみかんジュースがあります。甘酸っぱいストレート果汁でとてもヘルシー!
道の駅パーク七里御浜の店内さすが年中ミカンのとれる町!たくさんの品種があるのですね!

道の駅パーク七里御浜では、みかんやみかんジュース、たくさんの加工品やお土産はもちろん、お肉屋さんやお惣菜屋さん、スーパーマーケットまであり、地元の方もたくさん利用されているようでした。

近隣の飲食店もご紹介しますので、よろしければご参考にされてくださいね♩

マリ男
マリ男
このご時世なので、営業日や営業時間が変更している可能性もあるね!来店前に電話で確認しておいた方がいいかもしれないね!

スポンサーリンク

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。3階建です。3階の313号室でした。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。3階の真ん中あたりに位置しますね。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。中に入るとすぐにハンガーとフェアフィールドの消臭スプレーがありました。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。荷物を置くための折り畳み式の台。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。お部屋の温度は20度に設定されていました。

部屋内は暑いくらいに感じました。

北海道民の私たちにとって、12月にこの暖かさで過ごせるのは嬉しいです!

地元の方は「今日は本当に寒いんですよ〜。」と言っていましたが!

洗面台シンク

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。フェアフィールドお馴染みの洗面台のシンクです。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。室内のバスルームです。

こちらもフェアフィールド道の駅お馴染みですね。

シャワーブース

シャワーブースにはレインシャワーがありますが、バスタブはありません。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。リンスインシャンプーですね。

ボディソープもあります。

私はいつも普段使いのシャンプーリンス、ボディソープを使用なので、こちらは使いませんでした。

トイレ

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室のトイレです。

このトイレ、清潔感があって新しくて好きです。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。洗面台のシンク下にバスタオルなどのタオルやドライヤーがありますよ。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。アメニティは少ないですが、これで充分です!

テレビ

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。テレビの下にちょこんと可愛いスリッパが並んでいます。

テレビは49インチかな?十分な大きさですね。

ベッド・寝巻き

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。キングベッド!

かなり厚みのあるマットレス。

寝巻きはワンピースタイプです。

私は作務衣の方が好きですが、ワンピースタイプのホテルが多い気がしますね。

やはり高さが気になります。(子供が落下したら大変だ!と思ってしまいます。)
海外仕様なのでしょうかね?子供や高齢の方には、上がりにくい高さだと思いますね。

フロントにいえば、ベビーベッドやベビーバス、ベッドガードも貸し出ししてくれるようです!

フロントからの貸し出し備品も掲載しておきますね!

スポンサーリンク

フロントから貸し出してくれる備品

  • 爪切り
  • 栓抜き
  • ワインオープナー
  • 体温計
  • 体重計
  • 加湿器付き空気清浄機
  • 靴べら
  • 携帯充電器
  • 延長コード
  • 毛布
  • ベビーベッド
  • ベビーバス
  • おむつすて
  • ベッドガード
  • シャワーキャップ
  • コットン
  • 綿棒
  • 髪留めゴム
  • ソーイングセット

ベビーベッドやベビーバス、ベッドガードは本当にありがたい!

あ、毛布も貸してくれるんですね。

ふわふわモコモコの毛布が好きなので、次回は借りようかな!

加湿器付き空気清浄機も乾燥する季節は嬉しいですね!

ソファ

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。窓のソファの青色が好きです。

前回のフェアフィールドよりも奥行きがある気がしました。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。枕はいつもやや高め。

枕が高めなので、今回も枕は使用しないで寝ました。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。ソファにおいてあったクッションが枕にちょうど良い?

ソファで横になっている時、このクッションの高さが私の枕としてちょうど良かったかも(笑)

冷蔵庫

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。冷蔵庫は空っぽで、冷蔵庫の上に金庫があります。

金庫の上には無料の500㎖ペットボトルのお水が2本、コーヒー、紅茶、緑茶のティーバッグがありました。

沸騰ポットもありますよ!

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。ベッド横にはメモ帳や電話などががあります。

いつも思うのですが、このコロンと可愛い時計が好きで、自宅でも使いたくなりますね。

お部屋からの景観

お部屋からの景色ですが、海サイドだったにも関わらず、到着当日は大雨で見晴らしがいまひとつでした。

フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室です。海側でしたが、到着当日が見晴らしが良くなく。
フィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室からの景観です。翌日の朝焼けは最高でした。

しかし、翌朝はよく晴れて、朝焼けと海辺が綺麗で最高でした。

この海辺は、最初にご紹介した、日本一長い砂利海岸「七里御浜(しちりみはま)」ですね。

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の客室からの景色です。翌日は晴れて綺麗な青空が広がっていました。

翌日は綺麗な青空が広がっていてとても良い気持ちでした。

そんな気持ちの良い朝に、朝食BOXを依頼しましたよ!

スポンサーリンク

朝食BOXは「めはり寿司」

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の朝食BOXフェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の朝食BOX

楽しみにしていた朝食BOX!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の朝食BOX開けるのが楽しみ!
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の朝食BOXおお〜!

こちらは七里御浜モーニングBOXといいます!

紀州名物のめはり寿司がすごく美味しそう〜というか私は好きな味でした!

めはり寿司とは、塩漬けした高菜の葉で包んだ「おにぎり」のことです。

マリ男
マリ男
名前の由来は、食べる時に目を見張るくらい大きい口を開けないと食べることができないくらいの大きさから、名前が付いたと言われているんだよ〜♪ 

オグリ子
オグリ子
また、目を見張るくらい美味しいという意味もあるそうですよ♪ 

本来めはり寿司の大きさは、おにぎり二つ半位あるようですが、今回の朝食BOXでは、食べやすいサイズに変更してくれたようです。

紀州で採れた食材と料理人の手によって丹精込められた朝食BOXはとても美味しかったです!

欲を言えば、お惣菜のお品書きが欲しかったなと思いました。

お飲み物はついていないので、お好みのものをぜひ!

マリ男
マリ男
フェアフィールドバイマリオット岐阜清流里山公園の朝食ボックスは、朝食メニューが細かく記されていて良かったんだよね〜♪
フェアフィールド・バイ・マリオット岐阜清流里山公園の宿泊記!マリオットプラチナチャレンジ5泊目! 

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜・まとめ!

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜についてまとめました。

ホテル単体だけでみると、館内レストランがなかったり、エグゼクティブラウンジがなかったり、客室設備が最低限ということで、魅力的なホテルとはいいづらいところなのかもしれません。
ただ、カジュアルさとシンプルデザインは、フェアフィールドバイマリオットの魅力でもありますね。

三重県御浜町には、世界遺産である熊野古道街道の目の前にある御浜町の道の駅、「パーク七里御浜」に並んで建つホテルということや、

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜からの遊歩道が素敵でした!
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜。この景色、最高です!

また、年中みかんが取れる暖かな気候の中で、美しい自然と共に時間を過ごすという点においては、贅沢なホテルステイとも言えるのかもしれませんね。

フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜の近くの無人みかん売り場です。前述しましたが、無人のみかん売り場もありました!
フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜近くの無人のみかん売り場です。美味しそうなみかんが並んでいます!
オグリ子
オグリ子
実際、朝の散歩は本当に最高でした。 

マリ男
マリ男
無人のみかん売り場で買ったみかんも美味しかったよね〜♪ 

そんな、心が研ぎ澄まされるような心地の良い時間を、まだ知らない土地でゆっくりと過ごすのも良いかもしれませんね!

まとめると、とても良いホテルだと思います!

では今回はここまでとさせていただきます!

自然の中でゆっくり過ごしたいという方は、是非フェアフィールド・バイ・マリオット三重御浜にお立ち寄りくださいね。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

スポンサーリンク

ABOUT ME
オグリ子
このブログを書いているオグリ子です♪ 毎日旅先でブログを書いています。 マリオットをはじめとするホテルでの体験や、そのほかのおすすめホテル、大好きなカフェやラーメン店などもご紹介します♪

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ
にほんブログ村
↑ブログランキングに参加してみました♪
ポチッと応援いただけますと嬉しすぎます!